急に現金が必要になったときに頼りになるものの代表がキャッシングとカードローンです。どちらも一時的にお金を借りることができるので、とても便利なものですが、両者には似ている部分と異なっている部分があるので利用をするときには注意が必要です。

まず、どちらもカードを作ることが必要になりますが、このときにキャッシングのカードはクレジットカードの機能と一体になっているものが多いです。一方でカードローンのカードにはクレジット機能はなくカード単体になっているものが多くあります。このため、カードローンを利用するときには別カードを保有している必要があるので注意が必要です。

また、申し込みの方法も異なります。キャッシングをするときのカードはクレジットカードの申し込みをするときにキャッシングの機能をつけてもらうのかどうかを選択することができます。一方でカードローンのカードを作るときには金融機関などに行って申し込みをするの必要があります。対面式で申し込む方法もありますが、最近では無人契約機で申し込みをする方法が主流です。

このように2つのカードには作り方やカードの種類が異なっているので違いを理解したうえで申し込みをする必要があります。