キャッシングで返済が滞ってしまった…という場合には、ブラックリストに掲載されてしまうことがあります。そこで、キャッシングでブラックリストに載らないためには、どうすれば良いのでしょうか。

まず、キャッシングでブラックリストに載ってしまうのは、金融事故などを起こしたときになります。金融事故と言っても、たとえば、返済が滞ってしまい1~2日程度であれば、ブラックリストに載ることはありません。しかし、悪質な延滞を続けていれば、この情報が信用情報期間に掲載されてしまい、ブラックリスト入りしてしまうのです。

また、信用情報期間にデータが掲載されてしまうと、7~10年は情報が掲載されることになります。このため、その間はキャッシングが出来なくなってしまったり、新たにクレジットカードを作成することが出来なくなってしまったりするのです。

このため、もしも、返済が出来なさそうな月があれば、貸金業者にすぐに連絡を入れて、返済日を延期してもらうことが大切です。何も連絡をせずにそのまま放置してしまうと、支払いが滞っているとみなされてしまうのです。少しの間であれば猶予がありますので、もしも支払えない場合には、連絡をしてみることが必要です。