クレジットカードの契約であれば誰でも所持している物ですからハードルは高くと感じる事はないかもしれませんが、ローンカードというと途端にハードルが高く感じます。

しかし、ローンカードのメリットとデメリットを正しく理解することにより初心者の方であってもハードルが低く感じるようになります。

まずクレジットカードとローンカードの大きな違いは金利が少ないことです。クレジットカードでもキャッシング枠をつけておくとキャッシングすることができるのですが借り入れ時の金利が高く見積もられます。ローンカードにすれば消費者金融によりますがかなり低い金利で借り入れができるのです。

そしてもう一つのメリットが借り入れをする際の手数料が掛からないことです。クレジットカードであれば一回あたり108円の手数料が発生してしまいますがローンカードであれば何回でも手数料無料で借り入れすることができます。

クレジットカードの様に何枚も所持する必要はなく、最後の切り札として財布に忍ばすだけで安心感を得ることが出来るでしょう。 私の体験ですが、夜に飲みに行った時に深夜であったことからATMが閉まっておりお金を引き出すことができませんでした。先輩である立場から後輩にお金を出させるわけにもいかず、クレジットカードが使える店舗であるか不安であったため初めてローンカードを使いました。

ATMでお金を下ろすことと変わりなく借り入れができたため迷うことがなかったので助かりました。まさにローンカードに助けられた体験でした。

借り入れをしたことがなかったためどのように返済したらいいのか解らなかったですが消費者金融と契約しているコンビニであればすぐに返済できますし、私が借り入れをしたローンカードは30日間金利が無料であったことから借り入れした分だけの返済で良かったので助けられただけで消費者金融には申し訳ないことをしたと思います。

ハードルが高いと思われがちなローンカードですが、使うか使わないは自由です。助けられる事もあると考え一枚伝家の宝刀として所持するもの悪くないです。