就職し初めてクレジットカードを持ったのは十数年前。当時はカード会社の窓口や担当者と別の場所で会って契約。いずれにしても書類に多くの情報を記入してという手続きをふんだものでした。ところが一般家庭にもパソコンやスマートフォンが多く普及し始めた最近では契約もネットで手軽にできるようになり、とても便利になりました。カードを作るのはもとより、キャッシングの申し込みもネットでOK!ATMでの借入とは違いその場で現金が手元に入るわけではありませんが、翌日には指定した(契約している)銀行口座に入金されています。

今ではほとんどのクレジットカードがあらゆる銀行等のATMでも利用できますが、なかには利用できないカードもあることなどから、自分の口座に振り込まれるというのはとても便利なシステムです。

月々の返済額の変更が手軽にできるのもメリットです。わざわざクレジットカード会社の窓口まで足を運んだりする手間も省けて、自分の空き時間を利用してできるのも便利です。

ですが、やはり年配の方やネット利用を好まない方などはそういったシステムを嫌がることも捨てきれません。確かにこのようなネットの登録や利用から個人情報が盗まれてしまう危険性も拭いきれないからです。

まだまだ昔ながらの方式がわずかに残ってはいますが、完全にネット化されてしまうのも?と考えされられてしまう現在です。